ブログ

デジタルノマドの台頭への対応: 雇用主のためのガイド

筆者
Atlas Team Profile Photo

Atlas Team

カンパニー アトラスは160ヵ国以上にまたがるグローバルなテクノロジー企業で、未来の仕事のために構築された専門知識とソフトウェアを提供しています

LinkedIn
掲載: 2023/07/26

デジタルノマド・ビザ」を取得できる国の数が飛躍的に増えたおかげで、個人が異なる国で長期間働くことがこれまで以上に容易になりました。しかし、このトレンドを取り入れることは、従業員や雇用主に様々なメリットをもたらす一方で、ビジネスで展開する前にその意味を知っておくことが不可欠となってきました。このガイドでは、海外勤務を希望する従業員の雇用と管理について雇用主が知っておくべきこと、そしてEOR(雇用代行)を利用することで海外勤務のための労務が大幅に容易になることをご紹介します。

デジタルノマディズムの台頭

「リモートvs.オフィス」の議論が続く中、多くの従業員がキャリアを犠牲にすることなく、自分の望むライフスタイルを実現する方法を模索しています。その結果の1つが、デジタルノマドの台頭です。デジタルノマドとは、テクノロジーを使ってさまざまな場所に移動しながら仕事をこなすワーカーのことです。MBO Partnersの最近の調査によると、2022年には1,700万人近くのアメリカ人がデジタルノマドであると認識され、その数は2019年から131%増加しています。また、デジタルノマドはフリーランサーやコントラクターが中心でしたが、現在では66%が従来の従業員雇用形態です。

こうしたリモートワーカーがもたらす潜在的な経済効果を認識し、世界各国の政府は「デジタルノマド・ビザ」の導入を開始しました。デジタルノマド・ビザは、通常6ヵ月から12ヵ月の間、外国で収入を得ながらその国で働くことを許可するものです。2023年7月現在、ポルトガルやバミューダを含む50ヵ国以上がこのようなプログラムを導入しています。

企業にとって大きなチャンス

デジタルノマディズムは政府に歓迎されているだけでなく、雇用主の間でも人気を集めています。現在の従業員や潜在的な従業員に地理的な柔軟性を提供することは、企業にとって優秀な人材を惹きつけ、維持するための大きなチャンスとなるからです。Flexaによると、「どこからでも働ける」ポリシーを提供する企業への求人需要は増加しており、デジタルノマドに対するオープンな姿勢は強力な人材獲得ツールとなっています。従業員が自分に合った働き方で働けるようにすることは、従業員の士気、生産性、定着率の向上にもつながります。

しかし、課題もあります

当然ながら、新入社員や既存の社員にデジタルノマドワークを許可する前に考慮すべき要素がいくつかあります。ひとつは、雇用や税制が国によって大きく異なることです。従業員がいつでも複数の地域から働けるようにするためには、すべての地域でコンプライアンスを遵守する必要があります。また、分散型チームとして活動するためには、会社のポリシーやプロセスを徹底的に見直し、新しい働き方を反映させる必要があります。

しかし、どの課題も乗り越えられないものではありません。明確な計画があれば、すでにグローバル人材を最大限に活用している先進的な企業の仲間入りをすることができます。その一助となるよう、このトピックに関して企業がよく抱く主な質問と、御社が利用できる選択肢を以下にご紹介します。

デジタルノマドを雇用するには?

ではデジタルノマドを雇用するにはどうすればよいのでしょうか?その場合、その国で現地事業法人を設立するか、EORを利用して雇用を代行する必要があります。

新しい事業法人を設立するには費用と時間がかかり(20週間もかかり、8万米ドル以上かかることもあります)、一握りの従業員には割に合わないことがよくあります。このような場合、EOR(雇用代行)と提携する方がはるかに効率的な解決策となります。EORでは、雇用、報酬設定、職務の責任範囲設定、解雇など、従業員の日常的な管理・決定は御社が行いますが、法的な雇用主としてのリスクと責任はすべてEORが負います。また、わずかな時間で事業を立ち上げることができます。

また他にも、デジタルノマドを従業員ではなく独立したコントラクターとして雇用する方法もあります。同様に有効な選択肢ではありますが、労働者を正しく分類しなければなりません。また、正しく分類することで、各自がどのような福利厚生や保護を受けられるかを理解することができます。

デジタルノマドの雇用に税務上の影響はありますか?

一言で言えば「はい」あります。デジタルノマドを雇用する雇用主は、デジタルノマドが渡航する国の納税義務に精通している必要があります。これらの義務は場所によって異なりますし、従業員が現地で過ごす時間によっても異なります。そのため、その国に特化した専門知識を持つ税務専門家やEORからサポートを受けることは、本来果たすべき義務を確実に果たす上で非常に有益です。

その他に注意すべき規則や規制はありますか?

雇用法は国によって大きく異なるため、遵守しなければ多額の罰則を科される可能性があります。留意すべき主なコンセプトは以下の通りです:

  • 最低賃金要件

  • 標準労働時間

  • 休暇の権利(例:休暇、病気、育児など)

  • 差別禁止法

  • 解雇手続き

  • 雇用契約

  • 知的財産法

  • データプライバシー法

また、給与支払い中の全従業員が正しいビザを所持し、その国での就労が法的に許可されていることを確認する必要があります。繰り返しになりますが、EORと提携することが、上記のすべての事項についてコンプライアンスを維持する最も簡単な方法です。

デジタルノマドへの報酬はどのように支払うのですか?

デジタルノマドへの報酬の支払い方法は、コントラクターとして支払うのか、事業法人を通して雇用するのか、EORを利用するのかによって異なります。

  • ほとんどの場合、コントラクターは税金を負担し、雇用手当を受け取る権利がないため、コントラクターへの報酬の支払いは比較的簡単です。請求書を支払うだけでよく、支払い方法を選択することができます。繰り返しになりますが、チェックすべき重要な点は、その国の法律で正しく分類され、そのように扱われているかということです。

  • 法人を設立する場合は、どの国際給与支払いプロバイダーを利用するかを選択する必要があります。また、現地の法律、納税義務、社会保険料を遵守しなければなりません。国によって要件が異なるため、分散している従業員の支払いを管理するのは困難です。そのため、財務部門との効果的なコミュニケーションと調整が重要になります。

  • 納税義務の場合と同様に、EORを利用することを選択した場合、給与支払い管理から納税まで、すべての給与支払い管理を代行し、すべての段階で完全なコンプライアンスを確保します。

他に考慮すべきことはありますか?

デジタルノマドの雇用は、法的・税務的な意味合いだけでなく、日々のビジネスへの影響も考慮する必要があります。新しい戦略を開始する前に、既存の就業規則を見直し、従業員が前提として従うべきガイドラインの概要を明確にすることは有意義でしょう。これには、勤務時間、出勤が必要な場合、経費などが含まれます。

また、ビデオ会議ソフトウェア、コラボレーションツール、プロジェクト管理システムなど、効果的なリモートワークに必要なリソースを提供しているかどうかを確認する良い機会でもあります。

EORがデジタルノマドの雇用と管理に役立つ方法

デジタルノマドの活用を検討する際には、多くのことを考慮する必要があります。しかし、EORにそのプロセスを管理してもらうことで、すべてをより管理しやすくすることができます。EORが特に役立つ3つの分野があります:

  • 法人設立: EORと提携することで、従業員がいるすべての国で個別に事業法人を設立する必要がなくなり、コストを大幅に削減し、数ヵ月ではなく数日で業務を開始することができます。

  • コンプライアンス: EORは、デジタルノマドが就労する国での法的雇用主としての責任と義務を負い、現地の雇用規制を遵守することを保証します。

  • 現地の知識:良いEORは、現地の文化や習慣に精通し、従業員に影響を与える可能性のある注目すべき変化を常に把握しているなど、その貴重な専門知識を提供することもできます。

デジタルノマドの雇用と管理を容易に

デジタルノマドの台頭は雇用者に多くのメリットをもたらします。しかし、自社の戦略を効果的かつコンプライアンスに適合したものにすることは困難です。そこで、定評のあるEORと提携することで、そのプロセスを限りなく簡単にすることができます。

アトラスでは、160ヵ国以上のグローバル人材の雇用、入社、コンプライアンス管理、給与支払いをお手伝いします。準備はできていますか?今すぐご連絡ください